物産展DX

  • 2018/10/07
  • 物産展DX編集部

京都の名品が西武池袋本店に大集合!

第52回京都名匠会が開催されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武池袋本店は「伝統を守りながら進む、その先の京都」をテーマに、10月18日(木)~25日(木)の間、老舗と人気店がコラボ。「伝統の技」と「現代の技法や製法」で生まれる名品を通して、今の京都を楽しめる第52回京都名匠会が開催されます。

老舗と人気店のコラボで作る新しい京の味

京都といえば、まず歴史や伝統という言葉を思い浮かべますが、実は京都は伝統だけではなく、新しさも息づく街です。西武池袋本店は「伝統を守りながら進む、その先の京都」をテーマに、10月18日(木)~25日(木)の間、第52回京都名匠会が開催されます。

この京都名匠会では、老舗と人気店がコラボ。「伝統の技」と「現代の技法や製法」で生まれる名品を通して、今の京都を体感できます。イートインも充実。京都の新しい味を西武池袋本店で満喫してみませんか。

村山造酢×祇園きなな村山造酢×祇園きなな
きななパフェの千鳥酢バルサミコ風ソース(1カップ)701円[各日限定200カップ]
まろやかな酸味の千鳥酢と黒砂糖のコクと甘みがバルサミコ風でアイスと好相性。大人の味わいのパフェが楽しめます。

京菓子司 俵屋吉富×豆政京菓子司 俵屋吉富×豆政
Flowers(1箱、5個入)864円[限定]
洋風感覚のサクッと香ばしい5つの味の豆菓子と、独特のシャリッとした食感の琥珀羹が絶妙。

京とうふ藤野×晦庵河道屋京とうふ藤野×晦庵河道屋
あんかけきつねそば(1人前)1,151円[イートイン]
だしの味わい深いつゆにジューシーな刻み揚げと香り豊かな九条ねぎがのっています。

京懐石 美濃吉本店 竹茂楼
野菜とすっぽんだし丼(1人前、小鉢・吸物付)1,620円[限定]
あっさりした中に豊かなコクのあるすっぽんだしの餡を、湯葉、きのこと丼に仕立てています。

下鴨茶寮/とろ湯葉ごはんとお料理(1人前)
1,296円[各日限定100食]
熱々のごはんにとろとろの湯葉とあんをかけた繊細な味。

古都の今と未来を感じる新進気鋭の店舗に注目

パンの消費量日本一といわれる京都は美味しいパン屋が多く、喫茶店のパンメニューも充実。SNSで話題になっている写真映えするメニューも登場します。

ブーランジェリー オペラ/九条ネギフロマージュ(1個)501円、抹茶マロン クロワッサン(1個)401円、くるみマロン(1個)351円
京都産の素材を使い、フランスの伝統製法で作っているパン。

イノダコーヒ/フルーツサンド (1人前)756円 [イートイン、各日午前10時から、限定50食]
バナナ、もも、キウイなどを細かくカットしてサンド。甘さ控えめのさわやかな味わいです。

日替り特別限定品

創業当時から地元で愛されるロールケーキや、ネットで数か月待ちの絶品スイーツなどが日替わりで登場します。

10月18日(木)、19日(金)[各日午前10時から]
シェ・ラメール/お菓子の木(約10cm、1本)2,376円 [各日限定30本]
創業当時からのフルーツとプチシュー、生クリームをしっとりチョコスポンジで巻いた人気商品。

10月25日(木)[午前10時から]
シェ・アガタ/抹茶のテリーヌ(1個、ハーフ)2,366円[各日限定50個]
バター、ホワイトチョコレート、抹茶、砂糖、卵、小麦粉だけの絶妙なバランスで作られた絶品抹茶ケーキ。

10月20日(土)、21日(日)[各日午前10時から]
●京都 祇園 あのん本店/あんぽーね(1箱、5個入)1,620円[各日限定50個]

10月22日(月)[各日午前10時から]
●朧八瑞雲堂/生銅鑼焼(抹茶、1個)341円[限定100個]*ひとり2点かぎり

10月24日(水)[午後4時から]
●一条寺中谷/絹ごし抹茶てぃらみす(1箱)1,642円[各日限定50箱]
豆乳、フロマージュブラン、白あん、抹茶、生クリームなどを使い、なめらかに仕上げ、カロリー控えめ。

ほかに、日本を代表する伝統工芸や暮らしの中の上質な雑貨など、京の技、 手仕事の数々も登場します。


ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

コラム