物産展DX

  • 2018/04/05
  • 物産展DX編集部

新しい京都土産に!吉祥菓寮からきな粉を使用した2種類のお菓子が登場!

きな粉みるく万頭『きなの宮』と香ばしきな粉ショコラ「きなの宮サンド」

このエントリーをはてなブックマークに追加
きな粉みるく万頭『きなの宮』
きな粉スイーツブランド「吉祥菓寮」は、京みやげにぴったりな新商品『きなの宮』と『きなの宮サンド』を2018年4月16日(月)に2種類同時発売します。

新しい京都土産、きな粉みるく万頭『きなの宮』と香ばしきな粉ショコラ「きなの宮サンド」

きな粉スイーツブランド「吉祥菓寮」は、京みやげにぴったりな新商品『きなの宮』と『きなの宮サンド』を2018年4月16日(月)に発売します。「きなの宮」は、上品で華のある万頭を目指して開発された、乳菓をベースにきな粉の風味をプラスしたしっとりとした食感が特徴のお万頭です。

「きなの宮サンド」は、ザクッとした食感と深煎りきな粉の濃厚チョコレートのマッチングが絶妙。和素材とチョコレートのマリアージュが楽しめる一品です。

きな粉みるく万頭『きなの宮』

上品で華のある万頭を目指して開発された『きなの宮』は、乳菓をベースにきな粉の風味をプラスし、しっとりとした食感が特徴のお万頭です。

餡に浅煎りきな粉を使用することで風味よく、あっさりとした甘さを実現。安心して食べられるよう、低トランス脂肪酸マーガリン「ソシエル」を使用。添加物は使用していません。上部には吉祥菓寮の焼き印ロゴが入って、品格あるお万頭に仕上げています。

■商品概要
【品名】きなの宮
【価格】5個入648円(600円)10個入り1,296円(1,200円)※()内は本体価格

香ばしきな粉ショコラ「きなの宮サンド」

ザクッとした食感と深煎りきな粉の濃厚チョコレートのマッチングによって生まれた「きなの宮サンド」生地には小麦をベースに、アーモンドとオートミールを配合し、ザクザクとした食感を実現しています。

深煎りきな粉を使った特製きな粉チョコレートは、ほかでは味わえない風味高いきな粉チョコレートです。つなぎにはホワイトチョコソースを使用し、コクをしています。

■商品概要
【品名】きなの宮 サンド
【価格】5個入810円(750円)10個入り1,620円(1,500円)※()内は本体価格

パッケージにはボタニカルな様相を取り入れ、インパクトのあるビジュアルはこれまでの京都土産の概念を覆す洗練されたデザインのパッケージとなっています。新しい京都の発見を『きなの宮』とともにお土産として持ち帰ってみませんか。

『きなの宮』コンセプト

時は室町時代。宮中の女房たちは大豆を煎って粉にしたものを、「華」のある呼び名として「きな粉」と呼びました。当時、女房たちのことばは優美で上品な言葉遣いとされ、主に衣食住に関する事物について用いられたとされており、のちに宮中に使える女性・侍女に伝わり、多くへ伝わったとされています。

「きな粉」もまた同じ。吉祥菓寮は、その「華」が生まれたところを『きなの宮』と呼ぶことにしました。女房や侍女によって、日本中の作物や綺麗な「華」が集まるそのお宮はその時代を象徴するかのごとく、大変魅力的な処だったでしょう。

『きなの宮』という商品名は、華のある商品を生み、その魅力と喜びを伝え広め、次の時代を創りだす、という想いを込めて付けられています。

販売情報
【発売日】2018年4月16日(月)
【販売店】吉祥菓寮祇園本店、京都タワーサンド店、京都駅内KIOSKなど。※詳しくは発売日以降に吉祥菓寮ホームページにてご確認ください。





吉祥菓寮とは
1934年に創業、日本で初めて節分煎り大豆を商品として販売した「桂華堂」を前身とする「株式会社京都吉祥庵」が2015年、京都祇園に「吉祥菓寮」をオープン。自家焙煎きな粉を使用したこだわりのきな粉スイーツを提供しています。

人気の「焦がしきな粉パフェ」は独特なビジュアルで話題となり、見た目だけではないそのきな粉スイーツの美味しさは多くの人を連日魅了し続けています。

店舗情報
◎吉祥菓寮 祇園本店
京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306
TEL:075-708-5608
営業時間:10:00~19:00/カフェ:11:00~19:00(定休日:なし)

◎吉祥菓寮 京都タワーサンド店
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1京都タワービル1階
TEL:075-754-8425
営業時間:9:00~21:00(定休日:京都タワーに準ずる)

公式サイト:http://kisshokaryo.jp

コラム