物産展DX

  • 2018/11/06
  • 物産展DX編集部

鼓月~お歳暮や年末の手土産におすすめな2品!

京都の伝統技×千寿せんべい&300本限定の極上丹波本栗羊羹

このエントリーをはてなブックマークに追加
お歳暮や年末の手土産に悩む前に。鼓月の大切な人に贈りたくなるおすすめな商品をご紹介します。

鼓月のこだわりが詰まったお歳暮や年末の手土産におすすめな2品

今年もあと2か月を切りましたね。年末に向け、お歳暮やあいさつまわりの手土産など、贈り物に悩むシーズンが迫ってきています。

そんな時期を前に、ワッフル生地にバニラクリームをはさんだ波型の「千寿せんべい」でおなじみの「京菓子處 鼓月」のおすすめの商品をご紹介。定番の千寿せんべいと京都ならではの西陣織がコラボレーションした一品と、こだわりの“丹波産の新栗”と、その風味を最大限に生かす“丹波産小豆”を使用した『極上丹波本栗羊羹』です。

このふたつ、おいしいのは当たり前。上品で見栄えもバツグンなのが特長です。しかも中身だけでなく箱にも相当こだわった、贈った相手に「さすが!」と思わせる2品。ビジネスシーンからプライベートまで、どんなシチュエーションでも活躍してくれます。

伝統の技!「千寿せんべい×西陣織」

『千寿せんべい』は、サクッと口ほどけのよい波型の生地のおせんべいに、あっさりとしたシュガークリームを挟んだ和菓子です。鼓月は今年55周年を迎えたことを記念し、京都の伝統工芸である西陣織を使用した雅な『千寿せんべい 西陣織箱』2種類を展開。

最若手で活躍する西陣織染織図案家の島村一範氏が、鼓月オリジナルデザインを描きおろしました。55年続く定番の味と、思わず“パケ買い”したくなる上質な西陣織の箱が、相手を思う特別な気持ちを表現してくれます。

千寿せんべい 西陣織コラボ箱 (花柄/流水柄)
価格(税抜):16枚入 2,100円 24枚入 3,000円
27枚入 3,500円 30枚入 4,000円 40枚入 5,000円
販売期間: 2020年1月下旬(予定)

60日間 300本 完全予約商品 『極上丹波本栗羊羹』

こだわりの“丹波産の新栗”と、その風味を最大限に生かす“丹波産小豆”を使用した鼓月の『極上丹波本栗羊羹』が今年も登場。300本しか生産できないなか、毎年好評につき300本完売をしています。

餡が黄金色の栗を包み込み、凛としたたたずまいがなんとも高級感を醸します。栗の味を生かした上品な甘さは渋い緑茶や抹茶にぴったり。300本はすべての工程が手作業で、無添加無着色。最高級である丹波栗と丹波小豆が持つ風味を最大限に生かす栗羊羹に仕上っています。

さらに、箱にも鼓月のこだわりが!杉の中でも最高級である秋田杉の柾目(まさめ)部分(※)を使用し、まっすぐな木目がとにかく美しい。上下左右、身箱とふたの木目を合わせて作製しているこだわりようです。
(※)柾目…1本の丸太から取れる部分が限定される木目の直線で貴重な部分です。

極上丹波本栗羊羹
価格(税抜):7,000円
販売期間 :10月~11月下旬 ※注文数が300本になり次第終了となります。

特設ページ:https://www.kogetsu.com/autumn/

HP:https://www.kogetsu.com/

コラム