物産展DX

  • 2018/05/31
  • 物産展DX編集部

星付きレストランも大絶賛!沖縄県西表島産『幻のピーチパイン』

2018年度生産出荷分、インターネット通信販売で注文受付中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
幻のピーチパイン
沖縄県西表島産のパイナップル『幻のピーチパイン』を生産する農業生産法人アララガマ農園は、2018年度生産出荷分の注文を受け付け中。出荷は7月上旬ごろまでとなり、6月末までの先行注文限定で、全国一律送料無料キャンペーンを実施します。 

世界で一番パイナップル栽培に適した地、西表島で生まれる最高のピーチパイン

西表島の風景

パイナップルの中でも、沖縄生まれのピーチパイン種は大変希少な品種で、全世界でもたった1%しか生産・収穫されていません。中でも西表島は、沖縄本島よりもさらに400kmも南西の北緯24度に位置し、島の90%以上が自然林という自然豊かな美しい環境です。

亜熱帯性海洋気候で、西表島特有の赤土の酸性土壌を兼ね備えた環境は、世界のフルーツ農家や研究者から「西表島は世界で一番パイナップル栽培に最適な環境」との呼び名が高く、糖度14度〜21度程度の甘くてジューシーな『幻のピーチパイン』が生産されます。

農薬に頼らず完熟のピーチパインだけを収穫し、その日に出荷

ピーチパイン種の特徴は、片手に収まるほどの小ぶりなサイズ感、桃に似た甘い香りと、乳白色の果肉の色味、甘みと酸味のバランスが取れた飽きのこない味わいです。栽培には約2年間かかり、収穫できるのは1つの苗木から1個のみという貴重なフルーツです。

アララガマ農園では、できるだけ農薬に頼らない農法を採用しており、2年目以降は農薬や肥料を一切使用していません。つまり、残留農薬の心配がないということ。収穫はもちろん、除草もすべて手作業で行うなど、日々手間暇をかけて安全なピーチパインを栽培しています。

また、ピーチパインは収穫後糖度が上がらないという特性があり、樹上で完熟させます。甘みが最も増すタイミングを見極めて収穫し、その日のうちに出荷。その見極めは、31年間に渡りパインを、20年に渡りピーチパインを西表島で栽培してきたピーチパインのパイオニアであるアララガマ農園だからこそ可能な職人技で、おいしさの秘訣のひとつです。

ちなみに「アララガマ」とは、宮古島の方言で「不屈の精神」という意味です。

一流百貨店、星付きレストランも絶賛!夏のギフトにもぜひ

アララガマ農園のパーチパインは、大地を守る会やオイシックスなどの農法や安心・安全にこだわった宅配野菜や三越、伊勢丹などの有名百貨の青果売り場、銀座のミシュラン二つ星フレンチレストランなどのメニューにも採用されています。アララガマ農園のパーチパインは、安心・安全と一流が認める本物のおいしさを兼ね備えた一級品なのです。

注文はインターネット通販で手軽にできます。お中元などの夏のギフトにも最適です。6月末までは送料無料キャンペーンも行っています。

アララガマ農園のピーチパイン概要

アララガマ農園のスタッフ

ホームページ:http://araragama-farm.shop-pro.jp

コラム